※新型コロナウイルス感染予防のため、現在キッズルームのご利用を休止させていただいております。お子様連れでの来院はご遠慮ください。付き添いの方と一緒に車でお待ちいただくのは構いません。大変なご不便をお掛けしますが、ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 

不妊治療希望で初診されるご夫婦へ

これから不妊治療を始めようとお考えのご夫婦には、ここから始まる検査や治療に大きな不安を感じておられることと思います。

ご夫婦に寄り沿った丁寧な医療がご提供出来るよう、当院は努力します。

どうぞ当院の扉を開いて、お子さんを迎えにきてください。

予約方法

初診の方には、事前にお電話でご予約頂き、ご夫婦での平日の受診をお願いしております。

受診のしかた、日時等わからないことやご相談がございましたら、月~土の診療時間内にお気軽に当院にお電話ください。

TEL: 0852-52-7790

初診時に持参していただくもの

  • 健康保険証(ご夫婦とも)
    ご夫婦の健康保険証を、それぞれに初診時にご提示頂きます。月初めの診察時にも確認させていただいています。

  • 問診表
    初診時に院内でご記入いただくことも可能ですが、問診票のダウンロードから「初診の方用問診票」と「赤ちゃんが欲しいと望まれるご夫婦に」の両方を前もってご記入いただいたものをお持ちいただくと待ち時間が短縮する事が出来ます。

  • 基礎体温票 
    基礎体温票を記録されている方は、参考にさせて頂きますのでご持参ください。

  • 紹介状(お持ちの方だけで結構です)や検査結果
    これまでの治療での検査結果があれば参考にさせて頂きますので初診時にご持参ください。
    紹介状には、これまでの保険での胚移植回数と移植年月日を担当医師に記載していただいてください。

問診票のダウンロード

 

初診時のながれ

初診時のながれ

初診時のながれ

よくあるご質問(不妊治療について)

Q1.初診でかかる費用はどのぐらいですか?

A1.検査や処置の内容により増減しますが、ご夫婦で大体1万5千円程度かかります。

Q2.月経周期のどのタイミングで受診すればいいですか?

A2.初診の場合はいつでもよいです(ただしお電話で事前にご予約をお願いします)。
平日にお時間をいただいてゆっくりお話しさせていただき、今後の方針について相談しながら診察をすすめます。
次回からの受診予定なども相談して決めます。

Q3.他院に通院中ですが、相談に行ってもいいですか?

A3.不妊についてのご相談はお受けすることができます。いままでのご夫婦の検査結果などがあれば持ってきていただくとより詳しくお話しが出来ることもあります。ただし、他院様の治療に関するご質問にはお答えいたしかねますのでご了承ください。

 

 

婦人科で初診される方へ

生理に関する不調(生理不順、生理痛、生理の量が多い、生理前の不調)や、子宮筋腫子宮内膜症更年期の相談、陰部のかゆみやおりものなどの婦人科の病気の診療を行っております。

気になる症状があったり、不安に思われることがあれば悩まれずにまずはお気軽にご来院ください。

また、近い将来に妊娠を希望される方やご夫婦に、プレコンセプションチェック(ブライダルチェック)を行っています。(精液検査はご夫婦の方でのオプション検査として行いますが、男性の精液検査のみでは行っていません)

予約方法

初診の方には、事前にお電話でご予約頂き、平日の受診をお願いしております。

受診のしかた、日時等わからないことやご相談がございましたら、月~土の診療時間内にお気軽に当院にお電話ください。

TEL: 0852-52-7790

初診時に持参していただくもの

  • 健康保険証
    初診時にご提示頂きます。月初めの診察時にも確認させていただいています。
  • 問診表
    初診時に院内でご記入いただくことも可能ですが、問診票のダウンロードから「初診の方用問診票」を前もってご記入いただいたものをお持ちいただくと待ち時間が短縮する事が出来ます。

問診票のダウンロード

 

 

子宮がん検診を受診される方へ

松江市、出雲市、雲南市の市がん検診を行っております。

上記市のがん検診のみをご希望の場合は予約制ではありませんので、受付時間内に保険証・診察券(お持ちの方)・がん検診等受診券(松江市の方のみ)をご持参ください。

がん検診以外のご相談がある場合は、事前にお電話でご予約ください。

子宮がん検診と子宮頸がんワクチンについて

よくあるご質問(子宮頸がんワクチンについて)

Q1.子宮頸がんのワクチンは受けられますか?

A1.当院では4価ワクチン(※)を施行しています。一定の間隔をおいて3回の接種が必要です。ご希望の方は、接種の4日前までにご予約が必要となりますのでお電話にてご相談ください。

 

※子宮頸がんの原因は、ヒトパピローマウイルス(HPV)という、ごくありふれたウイルス感染によるものです。高リスク型のHPVに感染すると、その一部ががん細胞へと進展することがあり、高リスク型のなかでも「16型」・「18型」が子宮頸がんの原因の約65%を占めているといわれています。子宮頸がん予防ワクチンには、「16型」・「18型」の2つの型の感染を防ぐ2価ワクチンと、「16型」・「18型」に尖圭コンジローマの原因となる「6型」・「11型」を加えて4つの型に対する感染予防効果をもつ4価ワクチンがあります。