女性が受ける検査


初診時に受ける検査

初診時には、問診後子宮癌検診を行い、内診、超音波検査により子宮や卵巣に異常がないか確認します。精子を攻撃する抗体(抗精子抗体)ができていないか、卵管をつまらせる原因となるクラミジア感染がないか、月経異常や流早産の原因となる甲状腺機能障害がないかを血液検査します。 また、卵巣予備能(卵巣にどれだけ卵の数があるか)を予測するAMH(抗ミューラー管ホルモン)も早期に血液検査します。 基礎体温を測定していただくことを指導し(事前に測定してあればご持参ください)、その後月経周期に合わせて検査を行っていきます。初診の時期に特定はありません、月経周期にこだわらず気軽に受診ください。

低温期に受ける検査

基礎体温の低温期(卵胞期ともいい卵胞が育っていく時期)には、正常に卵胞が育っているかどうかを超音波で検査(卵胞モニタリング)し、卵胞の大きさに見合ったホルモン(エストロゲン)が十分分泌されているかどうかを併せて測定します。また卵胞の発育とともに、子宮内膜の厚みや形も検査します。 精密検査としてホルモン負荷試験(2時間程度かかる血液検査で、注射の前後で、数回採血し反応性を見ます)にて、多嚢胞卵巣症候群や高プロラクチン血症などを診断します。

子宮卵管造影(子宮にチューブを留置し、造影剤を注入しレントゲンを撮ります)にて子宮の中の形、卵管の通過性、おなかの中に癒着がないか検査します。

排卵期に受ける検査

排卵期には、卵胞が発育し、卵巣から飛び出す(排卵)直前の成熟卵胞(20mm)を、超音波検査とホルモン(エストロゲン、プロゲステロン、LH)測定により確認します。翌日ないしは翌々日に排卵が起こったことを確認するため、超音波検査します。排卵が起こると、卵巣に見えていた20mmの卵胞は消失します。

高温期に受ける検査

高温期(黄体期)には、基礎体温表から、高温期の長さや形を確認したり、高温期の真ん中でのホルモン(プロゲステロン、プロゲステロンが十分分泌されていないと、受精卵が着床できません)測定などで黄体機能を診断します。

腹腔鏡

胃カメラのような内視鏡で、お腹のなかを観察し、子宮や卵管、卵巣の状態や、周りの癒着などを直接見ることができます。子宮内に留置したチューブより、色のついた液体を注入し、卵管が通っているか診断します。実際には、全身麻酔下におへそに1cm程度と、下腹部の1〜2カ所に5mm程度の穴をあけ、ガスでお腹をふくらませて、腹腔鏡と鉗子を挿入します。長期不妊の方に腹腔鏡をしますと80%の方に何らかのお腹のなかの異常を認め、50%の方に子宮内膜症(その内の80%は腹腔鏡検査ではじめて診断される軽症子宮内膜症)を認めます。腹腔鏡下に卵管の周りの癒着をはがしたり、お腹のなかの内膜症を取り除いたり、お腹を洗浄することによって、検査後に妊娠される方も多くおられます。

2〜5日程度の入院が必要です。なお傷跡はほとんど目立ちません

子宮鏡(ヒステロファイバースコープ)
子宮の中に子宮筋腫(粘膜下子宮筋腫)、子宮内膜ポリープがあったり、子宮の中の炎症や癒着があると着床が妨げられてしまいます。これらが疑われる場合にヒステロファイバースコープと呼ばれる超小型カメラで子宮の中を観察します。外来で簡単にでき、痛みもほとんどありません。

 

子宮内膜着床能検査 (ERA エラ)とは

体外受精(顕微授精)治療で良好受精卵を複数回移植してもなかなか妊娠成立しない場合、反復着床不全と言われます。
最近、子宮内膜には着床に適した期間(着床の窓、ウィンドウ)があり、この期間と受精卵とに“ずれ”が起きている場合、つまり胚移植日に子宮内膜が受精卵を受け入ることが出来ない状態(非受容期)にあることが反復着床不全の原因の一つとして報告されました。
着床の窓には個人差があり、実際ERAの検査を受けられた方の約30%に着床の窓が前や後ろにずれていたことが分かり、また、検査後の最適なタイミングでの胚移植で妊娠率が約25%向上したことも報告されています。

ERA検査の方法

検査を行う周期は、ホルモン補充周期と自然排卵周期の2通りがあります。

ホルモン補充周期

ホルモン補充での融解胚盤胞移植をおこなう周期と同じ方法でホルモン剤(エストロゲン製剤、黄体ホルモン製剤)を用いて子宮内膜を厚く調整し、黄体ホルモンを投与してから5日目に子宮内膜を採取します。

 

自然排卵周期

自然排卵周期では排卵日から5日目(LHサージまたはhCG投与から7日目)に子宮内膜を採取します。

※ERA検査を行う周期では胚移植は行いません。
※専用の細いカニューレ(管)を膣から子宮内に挿入し子宮内膜組織を吸引採取します。痛みはほとんどなく、麻酔は原則必要ありません。
※ERA検査の結果が出るには2〜3週間を要します。

 

子宮内マイクロバイオーム検査 (EMMAエマ)とは

近年の研究で、無菌と考えられていた子宮内にも細菌叢の存在が明らかになり、その中で善玉菌である乳酸菌の割合が着床・妊娠率に大きく関わっていることが報告されています。
EMMA検査では、子宮内の細菌叢と特に乳酸菌の状態を調べます。
乳酸菌の割合を上げ、子宮内環境を改善することにより着床・妊娠率の向上を目指します。

感染性慢性子宮内膜炎検査 (ALICEアリス)とは

慢性子宮内膜炎は細菌感染によって起こり、不妊女性の約30%、習慣流産や反復着床不全の方の約60%が罹患していると報告されています。
ALICE検査は、慢性子宮内膜炎の原因となる病原菌を検出します。検出された病原菌に対して抗生剤療法等で着床・妊娠率の向上を目指します。
1回の検査で3つの検査(ERA、EMMA、ALICE)を同時[TRIO(トリオ)]に調べることも出来ます。
3つの検査とも保険適応外の検査です。

検査費用(消費税別)

子宮内膜着床能検査(ERA) 115,000円
※ERA(2回目) 80,000円
子宮内マイクロバイオーム検査(EMMA)+
感染性慢性子宮内膜炎検査(ALICE)
55,000円
TRIO (ERA + EMMA + ALICE) 145,000円

※ERA検査で“着床の窓”のずれあり(非受容期)と判定された場合は最適な移植時期を特定するために再検査が必要なことがあります。 
※薬剤料、超音波などの費用は別途必要となります。
※稀ですが検体(組織)が不良で再検査が必要な場合があります。その場合、ERA検査の料金は無料ですが、薬剤料、超音波などの費用は必要となりますのでご了承ください。

ERA、EMMA、ALICEの詳細は

検査会社、アイジェノミクス・ジャパンのサイト等もご参考ください。 


 

男性が受ける検査


男性の不妊検査では、まず精液検査が必要です。できれば2日間の禁欲後に、専用の容器にマスターベーションで採取していただき、精液量、精子の数、運動性などを検査します。

精液量:1.5ml以上、精子数:1mlあたり1500万個以上、精子運動率:40%以上が正常値といわれております。

精液の状態は変化が大きく、初回の検査ではその日の体調やストレスなどで結果が悪く出る場合もあり、期間をあけての再検査が必要になる場合もあります。検査結果によっては、詳しく原因を調べるため、泌尿器科的精査をおこなうこともあります。