八重垣レディースクリニック

八重垣レディースクリニック

不妊症・不育症(習慣流産)とは
不妊症と不育症について

不妊症

赤ちゃんが欲しいと考えて避妊をしない夫婦生活がある場合、1年目には80%、2年目までには90%のカップルに赤ちゃんが授かると言われております。

このことより、最近では赤ちゃんを望んで1年以上妊娠に恵まれない場合を不妊症としております。
最近は7組に1組のご夫婦がこれに当てはまると言われており、決してめずらしいことではありません。

また、今までに妊娠出産を経験したが、そのあと不妊となる二人目不妊(続発不妊)のこともあります。
女性の年齢が30歳を越えると妊娠率は徐々に低下し、35歳を越えると明らかに低下することが知られています。
30歳なら結婚して1年、35歳なら半年を目安に、40歳以上なら結婚して同時の受診をお勧めします。

とかく不妊症は女性側ばかりにその原因を求められますが、不妊の原因の半分は男性側にあると言われております。

不妊は一人のせいではありません。

妊娠を望むご夫婦お二人で取りくまれることが大切ですし、その問題解決のために私どももお手伝いできたらと考えております。
3人4脚で頑張っていきましょう。


不育症(習慣流産)

妊娠できない不妊症に対して、妊娠はするが、流産や死産を繰り返して、赤ちゃんが得られない場合を不育症といいます。
すべての妊娠の約15%は自然流産(100人が妊娠すれば、15人は流産となります)し、自然流産の原因の大半(50〜70%)は胎児の染色体異常によるといわれております。

連続して2回流産を繰り返すことを反復流産、連続して3回以上の流産を繰り返すことを習慣流産といわれ、習慣流産の頻度はすべての妊娠の1〜2%と報告されております。それまでの流産の回数や、女性の年齢にともなって次回に流産する可能性は高くなります。

1回の流産ですぐに不育症と結びつける必要はなく、次には元気な赤ちゃんが得られる場合がほとんどですが、流産を繰り返す習慣流産や場合によっては反復流産では、偶然の流産の繰り返しと考えるより、何か原因がある可能性もあります。早めに原因を検索することをお勧めします。

不育症の半数はいまだ原因不明ですが、最近、産婦人科領域において、この分野は注目され、研究や治療の報告が数多くされてきており、原因がわかってきたものもあり、それに伴い治療法も大きく変わってきました。

待望の妊娠から、流産という悲しみを繰り返すことのないためにも、原因を探ってみることは大事なことですし、治療によって乗り越えられる可能性も十分ありますので一度ご相談にきていただけたらと思います。


八重垣レディースクリニック
〒699-0111
島根県松江市東出雲町意宇南5丁目4-2
TEL
0852-52-7790

月〜土 9:00-12:00 /
月・水・金15:30-18:30
プライバシーポリシー当サイト・著作権についてサイトマップよくあるご質問